短期ダイエットのコツと効果


短期間ダイエットのコツは、ダイエットを実行する前に、運動をたくさんするのか、または摂取カロリーの調整を徹底してするのかを決めてから始めることがポイントです。

「3日間〜1週間で痩せられる」というたくさんの短期ダイエット法の情報が、私たちの周りには溢れています。このような短期のダイエット方法では、余分な脂肪を減らすことは無理だと思っていたほうがいいかも知れません。もちろん例外の人もいますが。
短期間(1日〜7日間前後)だけ行なっても、ダイエットの効果が表れる人や出なかったりする人がいます。効果がまちまちで、本来はおすすめできるとは決して言えません。

女性は、とくに生理周期との関係が深いとされる大切な機能が、約1ヶ月の周期で行なわれています。排泄物を取り除いたり、体内の水分を調整したりする身体にとって大切な機能の働きです。そのことを、よく理解して忘れないでください。

短期間でどうしても痩せたい場合でも、身体のためには少なくとも約1ヶ月間の日数が必要です。また短期間でダイエットを行うと、リバウンドしやすくなる問題が出てきます。食事制限だけのダイエット方法を取り入れただけでは、身体に栄養が届かず飢餓状態となってしまいます。当然、筋肉が減っていってリバウンドしてしまうのです。
さらに筋肉が減ると、太りやすい体質になる傾向があります。リバウンドをしない対策には、逆に筋力を強化するような運動を取り入れることが大切なポイントです。

ダイエット法では短期だから良くない、長期だから良いというわけではありません。
長期間でのダイエットを考えている方も、初めは短期で目標を立ててみませんか。まずは短期間に向けて集中して実行しましょう。
その短期の目標が達成できたら次のステップに進みます。さらに続けて体重を減らしていく。それともそのまま体重を保つのかをこの時点で選べばいいのです。基本は食事の改善と運動を行う。正しい短期ダイエットを集中して行うことで、体質が改善されます。
その後体重が減りやすくなり、ダイエット効果が得られるのです。
まずはしっかり計画を立ててから始めるましょう。身体が受けるストレスを上手にコントロールし、途中で挫折しないようにすることです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。